【イベント後日談】REDAのオーダースーツづくりに密着!

▲REDAの上野さんと、クイズで優勝した千野さん


■ はじめに

 TIPSでは、ファッション業界のサステイナビリティをリードするイタリアの生地メーカー REDAの日本法人 REDA JAPANと連携し、サステイナブルファッションについて発信しています。今回は、10月18日にREDA JAPAN 代表取締役の上野様をゲストに迎えて開催したオンラインイベント『ファッションから考えるSDGs 〜REDAから学ぶサステイナブルファッションとは〜』で行った視聴者参加型企画 SDGs×ファッションクイズにて、見事優勝を獲得した東京理科大学の学生 千野祥瑚さんに、優勝賞品であるオーダースーツがプレゼントされるということで、REDA JAPAN本社での採寸に、TIPSメンバーの𣜜原とラハマンが同行してきました!


■ オーダースーツの素材選び

 まずは、オーダースーツの生地選びからはじめます。生地はもちろん、サステイナブルなREDA社のメリノウール!生地を触り、繊維の細さや滑らかさを確かめながら選んでいきます。同じメリノウールで作られていても、普段使いできるしっかりとした生地もあれば、特別な日に向いている繊維が細く光沢のある生地とで、印象が全然違っています。千野さんは、大切な日にも使える上品なネイビーの生地を選びました。

 生地が決まったら、次はボタン選び。千野さんは、多くのボタンの中からナットボタンをチョイス。このボタンも、木から落ちたヤシの実の皮から作られるサステイナブルな製品です。

 スーツの素材が決まったら、次は採寸です。


■ まだまだあった!メリノウールの機能

▲千野さんのスーツの採寸をしていきます


 採寸の間、メンバーから上野さんに、メリノウールについて追加質問。これまでも取り上げてきたように、メリノウールは多くの機能性を持っていますが、実はRECTの連載記事のなかで触れられていないものがありました。それは、メリノウールの驚きのUVカット率!いったいどれくらいだと思いますか?

・・・答えはなんと、驚異の99.4パーセント!ウールが紫外線対策にも効果を発揮することを、知っていましたか?


■ オーダースーツづくりを体験した千野さんのコメント

 千野さんに、REDAやメリノウールに触れた感想をお聞きしました。

 「とても未来のある面白い素材を知ることができ、勉強になりました。水をはじく機能と水を吸収する機能の両方を備えた素材が自然からできていることに驚きました。もっとウールのよさが広まったらいいなと思います。また、今回こうしてオーダースーツを作っていただけることになりましたが、これまでなかなか自分にあったスーツがなかなか見つからなかったので、きっと長く着ることができると思います。今回の学びを通じて、愛着をもって長く着られることが、結果としてサステイナビリティにつながると思っています。」


■ REDA JAPAN上野さんのコメント

 上野さんは、学生にオーダースーツを着てもらえることをとても喜んでくださいました。

 「クールビズによってスーツ離れが進み、『スーツを着ることはエコじゃない』という間違った認識も広まっています。しかし、こうして本当の意味で機能性の高いスーツを着てもらうことで、実はスーツが一番のサステイナブルファッションであることを感じてもらいたい。今回のイベントは、その足掛かりになるとてもいい機会になったと思っています。」


■ 編集後記

𣜜原:イベント後に、登壇いただいた企業さんと参加者の方にお会いする機会を持つことができ、長い間準備をしてオンラインイベントを開催した甲斐があったと感じました。また、取材、オンラインイベントに続き今回もお話ができたことで、より知見を広めることが出来ました。これからは1人でも多くの人にイベント参加して頂き、新たな発見と楽しい時間を共有できたらなと思います。


ラハマン:TIPSが開催したイベントを通じて企業さんと学生さんをリアルに繋ぐことができ、TIPSとしても非常に良い活動になったと思います。これからも、イベントやメディアを通じてTIPSの役割のひとつである「SDGsの発信する」をつづけて行きたいと思います。


(Writer:𣜜原、ラハマン)


 オンラインイベントの様子はこちらをご覧ください。


0コメント

  • 1000 / 1000